全国タワーマスコットサミット“G13”


特別展「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」の開催にあわせて日本国内のタワーマスコットが一同に会する「全国タワーマスコットサミット“G13”」が3/24〜4/1まで開催されています。
特別展「ザ・タワー」のPRキャラバン隊「えどはくタワーズ」の呼びかけにより、北は北海道から南は大分まで各地のタワーマスコット13組が集結。 期間中の週末は、ゆるキャラな13組のタワーマスコットたちが、交代で館内を練り歩いたり記念撮影でお客様をもてなします! 今回は個性豊かにタワーの魅力を伝えるタワーマスコットたちを紹介します。
全国タワーマスコットサミット“G13”に出演した全国のタワーマスコットたち

テレビ塔のテレビ父さん


・さっぽろテレビ塔 147m
・北海道札幌市

真っ赤なボディと緑のはらまき。いつでもニコニコのえびす顔。

→公式ホームページはこちら

GO太くん


・五稜郭タワー 107m
・北海道函館市

チャームポイントは避雷針、特技はLEDで時報を知らせること。
まだ5歳でも体重は1200t!

→公式ホームページはこちら

ぽーとくん


・千葉ポートタワー 125m
・千葉県千葉市

いつもぽ〜っと外の景色をみている。
双眼鏡を肌身離さずもっている。
3月4日に初おひろめされたばかりの期待の新星。

→公式ホームページはこちら

ノッポンブラザーズ


・東京タワー 333m
・東京都港区

本来双子の兄弟だが、兄はどうしてもはずせない会議があるため、この日は弟のみが参加。
ノリノリな性格。
*今回の特別展「ザ・タワー」では、東京タワー完成当時の写真やポスター、図面など非常に貴重な資料も展示されているので要チェック。

→公式ホームページはこちら

ミズリン


・ツインアーチ 138m
・愛知県一宮市

ツインアーチは“いちのみや”にちなんで138m。
アーチ式としての高さは東洋No.1。
子供が大好き。

→公式ホームページはこちら

のっぴー


・東山スカイタワー134m
・愛知県名古屋市

背が高いので、ちびっこがびっくりして、たまに泣き出してしまうことがあるのが悩みの、やさしいナイスガイ。
*東山スカイタワーは防災無線の中継地として重要な役割をはたしている。

→公式ホームページはこちら

たわわちゃん


・京都タワー 131m
・京都府京都市

背が高い人がタイプ。ノッポンに惚れているらしい(笑)
*京都タワーは鉄骨を一切使わず、鉄の板をつなぎ合わせてできている。

→公式ホームページはこちら

そらら


・空中庭園展望台 173m
・大阪府大阪市

姿は虹・雲を模しており、帽子は展望台を模している。
*空中庭園展望台は、大阪では恋人の聖地として認定されていてデートスポットとしても人気。

→公式ホームページはこちら

トリピー


・夢みなとタワー 43m
・鳥取県境港市

鳥取県のPRキャラクターも勤める“やり手”。 公募で選ばれた、一般の方によるデザイン。 東京に来ることができてウキウキ。
*夢みなとタワーは建物全体が日本海に飛び立つ鳥をイメージしてつくられている。

→公式ホームページはこちら

フータ


・福岡タワー 234m
・福岡県福岡市

スーパー手袋をはめている。
スーパー手袋は、たくさんの子供たちと握手をするため、やわらかい“ふわふわ素材”でできている。 握手したえどはくタワーズのメンバーが、思わず「きもちいい!」と感激。

→公式ホームページはこちら

別府三太郎


・別府タワー 100m
・大分県別府市

今回サミットの最年長。
ベテランパワーで気合いがはいっているが、実は若者カルチャーに興味がある。

→公式ホームページはこちら

キャプテンタワー


・神戸ポートタワー 108m
・兵庫県神戸市

神戸ビーフや神戸ワインが大好物。 得意技は敬礼だが、お辞儀は苦手。

→公式ホームページはこちら

えどはくタワーズ


特別展「ザ・タワー」のPRキャラバン隊として結成されたグループ。 東京タワーくんをはじめ、伝説の塔バベルくんら5名で構成されている。
彼らの歌うテーマソング「高いぞタワー」PVも公開中。

→公式ホームページはこちら
各地のタワーマスコット13組が集結した「全国タワーマスコットサミット“G13”」。
えどはくタワーズが歌う、特別展「ザ・タワー」のテーマ曲“高いぞタワー”にあわせてのダンスタイムではタワーマスコットのみんなも踊りだし大盛り上がりでした。
当日の出演: <特別展「ザ・タワー」PRキャラバン隊> えどはくタワーズ(東京タワーくん、凌雲閣さん、通天閣くん、エッフェル塔さん、バベルくん)
特別展「ザ・タワー」の展示風景
館内はとても落ち着いた雰囲気で貴重な展示物を心行くまで鑑賞できます。 歴史的資料の他にも 怪獣のガラモン、凌雲閣、エッフェル塔、東京タワー、そしてスカイツリーが実物の比例比で描かれた“タワーの高させいくらべ”( スカイツリーの高さ、大きさが圧倒的!)や、完成したばかりのスカイツリーの500分の1の模型も展示。 また、怪獣が多く登場する昭和40年代の映画の一部の、お楽しみ映像も。 映画のなかで東京タワーや通天閣がたびたび大怪獣ガメラやガラモンにたおされたり、凍らされたりしています。
 
特別展 「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」
期間:2012年02月21日(火) ~ 05月06日(日)
東京都江戸東京博物館

[公式ホームページ] 特別展 「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」
 
江戸東京博物館
江戸や東京の文化を語る豊富な資料と復元された模型が圧巻の博物館。
原寸大の日本橋を渡ればそこには時空を超えた懐かしい風景が待っています。その時代にタイムスリップしながら江戸から東京への400年の歴史を学ぶことができます。
両国駅から徒歩3分の博物館です。
特別展「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」

この春東京スカイツリー完成を記念し、江戸東京博物館では特別展「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」を開催しています。
いつの時代もタワーの建設は時代の象徴であり挑戦でもありました。 様々な歴史的タワーの貴重な資料は、東京という都市に、600メートルを優に超える、新たなランドマークの誕生という大イベントの意義深さを実感させてくれるでしょう。

[期間]
2012年2月21日(火) ~ 5月6日(日)
東京都江戸東京博物館

[開館時間]
午前9時30分~午後5時30分
(土曜日は午後7時30分まで)
*入館は閉館の30分前まで

[休館日]
毎週月曜日
*4月30日(月)は開館

[公式ホームページ]
「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」